トップ 履歴 一覧 ソース ヘルプ RSS ログイン

iPhone5s比較(対応サービス対決)


 メール関連の違い

ドコモのiPhone、spモードメールは10月1日から 対応サービス詳細を公開 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/13/news118.html

au SoftBank docomo
キャリアメールのリアルタイム受信 ソフトバンク版はメール本文を受信せず、通知のみ SPモードメールのプッシュ通知対応は2014年1月の予定
キャリアメールのアドレス 「@ezweb.ne.jp」をそのまま利用可能 Eメール(i)利用時、iPhone専用ドメイン「@i.softbank.jp」に。キャリアメールは二つになる。 @docomo.ne.jpをそのまま利用可能
件名および差出人表示 「You got a mail」表示のみ
Wi-Fi接続のみでもすぐに受信、着信通知可能か Wi-Fiのみでもメール受信は可能、ただし着信通知不可
添付ファイル 3MB 1MB(MMSは上限300KB)
MMS対応 ○(@ezweb.ne.jpで利用可能)
MMSの送信データサイズ 3MB 0.3MB
MMSのメールサーバー容量 2000件、200MB 100件、10MB
MMSのサーバー保存期限 無期限 30日間
パソコンでもキャリアメールの送受信

メール機能はauの圧勝。

 通信帯域制限、転送量規制

http://iphone5s-wiki.fxtec.info/wiki.cgi?page=iPhone5s%C8%E6%B3%D3%A1%CA%A5%CD%A5%C3%A5%C8%A5%EF%A1%BC%A5%AF%C2%D0%B7%E8%A1%CB#p3

 その他の違い

au SoftBank docomo
公衆無線LAN au Wi-Fi SPOT、LTEフラット加入で無料、利用可能エリア20万カ所○ ソフトバンクWi-Fiスポット、パケットし放題フラットで無料、利用可能エリア27万カ所◎、マクドナルドのwifiも対応で便利。公衆無線LANならSB圧勝。 docomo Wi-Fi、全国112600エリア、135500アクセスポイント。
電話をしながらネット(音声通話とデータ通信の同時利用) 【決定的な違い】 3G×、LTEでも×、Wifiなら○ 3Gは○、LTEは△(発着信と同時に通信はLTEから3Gに切り替わる。切り替わるときに、無通信時間が発生するが、3Gに切り替わった後に、通話と並行して通信可能。IPアドレスはLTE→3Gでも変わらない。)、Wifiならもちろん○ 3Gは○、LTEは△(発着信と同時に通信はLTEから3Gに切り替わる。切り替わるときに、無通信時間が発生するが、3Gに切り替わった後に、通話と並行して通信可能。IPアドレスはLTE→3Gでも変わらない。)、Wifiならもちろん○ 
3G通信でSkype通話中に、電話着信があった場合どうなるか Skype切断、電話着信(パケット通信中は着信させない設定も可能) Skype通話切断無し、電話も着信 Skype通話切断無し、電話も着信
LTE通信でSkype通話中に、電話着信があった場合どうなるか Skype切断、電話着信(パケット通信中は着信させない設定も可能) 電話着信と同時に、LTE→3Gに切り替わるが、この切り替わる間は無通信となってしまうので、Skypeはいったん切れる。 電話着信と同時に、LTE→3Gに切り替わるが、この切り替わる間は無通信となってしまうので、Skypeはいったん切れる。
テザリング ○(525円/月、ただしキャンペーンで最大2年間無料) ○(2012年12月15日からサービス開始、525円/月、ただしキャンペーンにて無料(2年間)、「パケットし放題フラット for 4G LTE」を5460円(2年間)でご利用いただけます。テザリングオプションをつけると、7GB制限に移行する。iPhone5s本体の通信も7GB制限になる。) ○(標準で対応。無料。)
通話音質
facetime 3G、LTE通信でも利用可能。 3G、LTE通信でも利用可能。 3G、LTE通信でも利用可能。
本体保証サービス 「AppleCare+」の月額料(初回:416円、2回目以降:408円)、「紛失補償オプション(i)」月額料(初回:143円、2回目以降:159円) あんしん保証パック(i)プラス 月額使用料:682円 Apple Care +毎月408円(最終月416円)
月額定額で利用し放題のコンテンツ配信サービス auスマートパス for iPhone 月額390円
LTEでの緊急地震速報

 コメント

お名前: コメント: